エネファームの機能とメリット

エネファームとは、家庭用燃料電池のことですが、その機能とメリットはどれほど期待がもてるものなのでしょうか

サイトトップ > エネファームについて正確な知識をもちましょう

スポンサードリンク

エネファームの機能とメリット

エネファームについて正確な知識をもちましょう


エネファームENE FARMとは直訳すれば“電力の農場”くらいの意味になりますが、家庭用の燃料電池の愛称としてつかわれています。


都市ガスやLPガス、灯油などから水素を抽出し、空気中に存在している酸素を反応させることにより電気をつくりだすシステム=エネファームで、水の電気分解の原理を逆に利用して考え出されたものです。


発電のさいは副産物として排熱が生じますが、エネファームでは発電時の排熱を給湯システムとして利用します。つまりエネファームは発電と同時に給湯を行うことができる家庭用コージェネレーションシステム(関連作動システム)なのです。


従来のガス給湯機(エコジョーズなど)やエコウィルなどと比較すると、機器が高額(2009年1月発表の機器価格は約350万円)になっていて、現時点では政府からの補助金や助成金を加えても設置する個人への負担が大きすぎる点がデメリットとして指摘されています。


とはいえ、発電による排熱を効果的に利用できるという点でエネルギー利用効率がきわめて高いうえ、自宅で発電するため送電ロスもない高効率なエネルギー設備だといえるのです。将来的には一般家庭用のエネルギーシステムとして重要な役割をになうことが期待されます。現在での出力は、発電出力750w+1,000w程度、排熱出力は1,000w+1,300wとされます。


エネファームの機能とメリット

MENU



スポンサードリンク